セフレの身分

彼女は、セフレの身分とは知りつつ、その事が悲しいと嘆いていた。その話を聴いた私は、容易に、その男性像を思い浮かべた。つまり、その女性に負けているだけのことなのだ。顔だけしか取り柄がない事を、自分自身が痛い程わかっているのであろう。しかし、私の知っているその女性は、男性顔負けの頭脳を持っている。おそらく、男性からすれば、太刀打ち出来ないと感じているのではないか。私は彼女にその事を告げ慰めた。しかし、彼女は、顔が好きだから、中身はどうでもいいと言って聞かない。この恋の病、当分長引きそうだ。セックスフレンドという関係を築きたい場合はにあるリンクから辿っていくと比較的楽にセフレができるそうだ。